読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kao

5 9/5

毎日書く と言ったものの

寝るまえにまとまった時間を取ることが難しく

怒涛の一週間が過ぎ去ってしまった。

 

こんな簡単なことも続けられない

スケジュールの組み方…反省。

 

8/25

カフェ巡りのあとに

アンガーマネジメントの講演会に参加した。

 

自分は

イライラしたり、人に怒鳴り散らしたりすることが少ないのだけれど

 

『イライラする要因を探って「〜べき、〜はず」の発想を見つめ直す』

ことがよくできているタイプなんだなぁと確認できた。

 

ただ、怒り という二次感情への発想の転換の仕方が 無関心 に行きがちのようで。

他の人への関心のなさが

 

思いやりも少なく、怒りも少ない

といった嫌な人間性にしてしまったのかもしれない…

 

もっと他の人、特に自分の周りの人くらい

興味持っていかなきゃな。

 

講演後はラーメン

そしてCD、DVD借りにTSUTAYA

 夜に行くTSUTAYAはいいものです。

 

8/26

シベリアンスカンク を招いた

young young young vol.1

 

結果から言うと 個人的には大失敗。

出演者にもお客様にもスタッフの皆さんにも

ご迷惑をおかけしただけのイベントだったように感じるけれど

 

久我くんやはらぺこみつばちを

ARBに出演させることができたことは

大きな一歩になったかもしれない。

 

これから

2.3.4……と繋げていきたいものです。

高校生バンド出してぇ。

 

8/27

ドワチャライク

西山によって山形市まで送ってもらい

山形から酒田へは

KO-RIONIのお二人の車に乗せていただいた。

 

後ろで小説を読むまさはるさん、ひたすら運転をするはるかさん

とても楽しい旅でした。

天気も良かったし!

 

 

酒田hope ドワチャライク

会場内、外  愛に溢れていた。

このイベントが始まりで終わりなわけでなくて

日常の一つでしかなくて

それでいて毎日がドワチャライクなんだな。

 

街を変えることは 難しいことなのだけれども

 人の意識に呼びかけることはできる。

その意識が少しでも変われば

さらに少しずつ波のように伝わっていく。

 

ここは東京じゃない。

居場所を求める人たちが都会を出ていく。

居場所で何かできないか

模索し始めている。

 

俺はその前に一旦

24年間育ったこの地を

何ヶ月でもいい

はたまた何年単位でもいいから

出ていこうと思う。

 

そしてまた外からこの地を思う。

 

必ず戻ってくる。

 

待っていてなんて言わないけれど

どうかいつまでも誰かの居場所であってほしい。